二人目ができない

一人目より二人目が授かりにくいのは当たり前?

一人目はすんなりとできたのに、二人目がなかなか・・・

このような状況で、自分たちが不妊ではないかと悩んでいる夫婦も多いものです。
ですが、もともと何らかの不妊の原因があっだのに、一人目は偶然に妊娠できただけかもしれません。
実際のところ、このようなケースは案外多いようです。

また、夫婦共に同じように年齢を重ねるわけですから、一人目の時より確実に年をとっています。
そして、女性はその分だけ、卵子の老化がすすんでいますし、一人目のときには何の問題もなかった子宮や卵巣に病変が起きていることもあります。

男性の場合も、精子をつくりだす能力も低下しているはずです。

ですから、一人目より二人目が授かりにくいのは、当たり前のことと言ってもいいのです。

何もせず偶然に一人目を授かったというカップルほど、その実績があるという自負心から不妊の自覚を持ちにくくなるという場合も多いものです。
こんな人ほど、フラストレーションをためこむばかりで、不妊解消の対策が遅れがちです。

しかし、夫婦の年齢が高くなればなるほど、生殖機能はどんどん低下し、不妊治療の効果も上がりにくくなります。

「一度は自然に妊娠しているのだから、心配しなくともその内・・・」などとのんびり構えていると、いたずらに時間がたつばかりです。
過去に妊娠や出産の経験があっても、その後、妊娠を望んでも赤ちゃんが授からないというのであれば、それはもう立派な不妊と言えるのです。

このように、二人目ができにくい場合には、早急に不妊専門医のもとでしっかりした検査を受けることをおすすめします。
女性だけでなく、男性も検査を受けるようにしましょう。

 

サイトマップ