不妊と女性の年齢

不妊の増加は晩婚化にあり

不妊の増加を考える上では、日本人のライフスタイルの変化、つまり晩婚化が1つ挙げられます。
というのも、いまでは日本人の平均結婚年齢は、男女とも25歳を過ぎています。

一般に、女性のからだは20代前半が妊娠や出産に最も適した年齢と考えられています。その後、年齢とともに徐々に妊娠しにくくなり、35歳を過ぎると、妊娠率は急激に低下します。

その一番の原因は、卵子の質の低下です。
精子が日々新しく作り出されるのに比べ、女性の場合、胎児の頃にすでに女性が一生の間に排卵する卵子が作られています。
人間の女性は20代の卵子が最も生殖に適していることから、やはりピークを過ぎて生殖能力が低下した卵子では、妊娠率が低下するのは仕方のないことです。

つまり、現代の多くの女性は妊娠・出産のピークを過ぎて結婚しているわけですから、赤ちゃんができにくくなるのも当然と言えるでしょう。

不妊解消の対策をすれば年齢に関係なく妊娠できる場合もありますが、不妊の治療においても、女性の年齢は大きく影響されます。

たとえば、人工授精を行った場合でも、35歳以上の女性の妊娠率は、25歳以下の女性の半分くらいと言われています。
また、体外受精では、30代前半では35%の人が妊娠していますが、40代以上の場合では2割程度しか妊娠できてい無いという統計もあります。
また、一方で、流産も年齢が高くなるにつれ増えていきます。

こうしたことから、妊娠を望むなら、女性の場合は早めの挑戦が必要なのではないでしょうか。

 

サイトマップ