子宮内膜症とは

子宮内膜症とは子宮内膜様の組織が子宮以外の場所にできる病気です。

子宮内膜症とは、本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所にできる病気です。

できやすい場所としては、卵巣、ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)、仙骨子宮靭帯(子宮を後ろから支える靭帯)、卵管や膀胱子宮窩(子宮と膀胱の間のくぼみ)などがあげられます。
稀に肺や腸にもできることがあります。
20〜30代の女性で発症することが多く、そのピークは30〜34歳にあるといわれています。

子宮以外の場所にできた子宮内膜も、本来の子宮の周期と同じような変化が起こります。
つまり、月経期になると子宮以外の場所にできた子宮内膜も剥離・出血しますが、血液や内膜を体外に出すことができず、体内に溜まります。
その結果として、チョコレート嚢胞ができたり、諸臓器との癒着が起こります。

生殖年齢の女性のおよそ10%に子宮内膜症があると考えられています。
また、妊娠したことのない女性に多いことも知られています。

原因は不明ですが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に達して増殖するという説が最も有力視されています。

子宮内膜症は女性ホルモンの影響で月経周期に合わせて増殖し、月経時の血液が排出されずにプールされたり、周囲の組織と癒着をおこしてさまざまな痛みをもたらしたりします。
また、不妊症の原因にもなります。

⇒子宮内膜症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ