子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状は「痛み」と「不妊」です。

子宮内膜症の症状として代表的なものは「痛み」と「不妊」です。
全く症状のない人から、「急性腹症」といって開腹手術が必要な激しい腹痛が起こる人まで症状はさまざまです。
痛みの中でも月経痛は子宮内膜症の患者さんの約90%にみられます。この他、月経時以外にも腰痛や下腹痛、排便痛、性交痛などがみられます。

痛みの中で一番わかりやすいのは、月経痛です。それも、痛い時もあれば楽な時もある、というのではなく、だんだん痛みがひどくなるというのが特徴です。

下腹部の痛みや腰痛がひどくなって鎮痛薬が効かなくなったとか、月経時の出血が多くなり、今までのナプキンでは間に合わなくなったという人もいるようです。
また、月経期間中に排便時の痛みや下痢があったり、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱などが起こることもあります。

こうした症状が月経時以外に起こるようになったら、ある程度内膜症が進んでいる可能性が高くなります。

そのほかにも、性交痛にも悩んでいる人も少なくありません。
子宮のすぐ後ろにある直腸との間のくぼみ(ダグラス窩)や子宮を支える靱帯などに病巣があると、性交時に痛みが出ることが多いのです。

こうした症状は20〜30歳代の女性に多く発症し、加齢による女性ホルモン分泌の減少を境におさまります。

もうひとつの問題は、妊娠を希望する生殖年齢の女性にみられる「不妊」です。
この病気が不妊症の大きな原因であるということです。原因不明の不妊症のうち、半分は子宮内膜症によるものとさえいわれています。
不妊症の診察にいって、子宮内膜症が発見されることも多いのです。

⇒子宮内膜症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ