子宮内膜症の治療法

治療法は薬による治療と手術による治療があります。

子宮内膜症の治療法は、大きく分けて薬による治療と手術による治療があります。
症状の種類や重症度はもちろん、年齢、妊娠の希望などを総合的に判断して最適な治療法を選択して行われています。

薬による治療の代表的なものにホルモン療法があります。
子宮内膜症は、エストロゲンという女性ホルモンの影響で起こる病気です。
そこで、何らかの方法でエストロゲンの働きを抑えてしまうのがホルモン療法です。

痛みに対してはまず、鎮痛剤を使用します。
効果が得られない時はホルモン量の少ないピル(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬/低用量ピル)を用います。視床下部ホルモンであるGnRHの拮抗剤(アゴニスト)や黄体ホルモン剤などが用いられることもあり、女性ホルモンの分泌を抑えたり直接病巣に作用させたりして症状を緩和させます。

ホルモン療法は、体にメスを入れることなく薬で治療できるのが長所です。ただ、副作用の心配もあるので長期には続けられません。
また、ホルモン療法では排卵が抑えられるので、妊娠を希望する場合は治療を中断しなければなりません。

薬による治療ではかばかしい効果がない場合は、手術という方法もあります。
手術には、おなかを開ける開腹手術と腹腔鏡による手術と2つの方法があります。

妊娠を望んでいる場合は、病巣部のみを切除して子宮や卵巣の正常部分を残す手術を選択します。
妊娠を望まない場合には、病巣のみの摘出に加えて、子宮、卵巣および卵管などを摘出することもあります。

腹腔鏡による手術では、腹部に2〜3カ所小さな孔を開けるだけですみます。
ここから、腹腔鏡という長い管を差し込み、病巣部の処置をします。

開腹手術に比べて体の負担が少なく、回復が早いことが利点です。

ただ、開腹手術でも腹腔鏡手術でも、卵巣や子宮を残せば再発の危険性は残されます。

このように、子宮内膜症はどの治療法を選択しても将来的に再発する頻度が高いことや、卵巣の子宮内膜症性のう胞は長い年月を経ると稀ではありますが癌化することなどから、長期にわたる経過観察が必要と言われています。

⇒子宮内膜症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ