卵巣のう腫の症状

卵巣のう腫は、基本的にその大きさが問題です。

卵巣のう腫は別名沈黙の臓器ともいわれるくらいで、のう腫ができてもほとんど自覚症状はあまりありません。

初期段階で痛みを感じる方も少なく、腫瘍がこぶし大ほどに大きくなってから、触って気づく方もいるようです。
しかし、この段階でもまだ自覚症状はほとんどないのが一般的です。
そのため、一般的には自覚症状から発見されるよりも、検診や別の病気の検査で偶然卵巣のう腫が見つかるケースのほうが多いようです。

卵巣のう腫が大きくなってくると、月経時に通常以上の痛みを感じたり、月経時以外にも腰痛や腹痛を起こしたりすることもあります。
また、卵巣のう腫が膀胱を圧迫して頻尿になったり、腸を圧迫して便秘になったりもします。

卵巣のう腫が5〜7cmほどの大きさになると、卵巣の根元が回転してしまう「茎捻転」が起こることがあります。
こうなると激痛を伴い、吐き気や出血、発熱があり、ショックで意識を失うこともあります
。ねじれた部位から血行が途絶え、放置すれば卵巣が壊死してしまいますので、緊急手術が必要となります。

また、卵巣のう腫が大きくなるとのう腫に栄養をとられ、食欲もありきちんと食べているのにどんどんやせて来ることもあります。

若い女性の下腹部が膨らんでくると、すぐに妊娠を疑ったり、また中学生ぐらいだとまさか卵巣の病気とは思わないことも多いものです。しかし女性の場合、卵巣のう腫が原因でこうしたことが起こることも覚えておいてください。

卵巣のう腫は、基本的にその大きさが問題です。
コブシ大を超えると、茎捻転が起きることもあることは、すでに説明しています。
そこまでいかなくても卵巣が大きくなると卵管が引き伸ばされて働きが悪くなり、不妊症の原因になることもあります。

また、チョコレートのう腫の場合は、ある程度大きくなると突然破裂して腹膜炎やショック状態になることもあります。
この場合も緊急手術が必要です。

卵巣のう腫を放置しておくというのは、こうした危険性を知らず知らずのうちに抱え込むということでもあるので、注意が必要です。

⇒卵巣のう腫を自宅で改善する方法

 

サイトマップ