生理痛の原因

生理痛の痛みの原因はプロスタグランジンという物質です。

そもそも生理痛とはどうして起きるのでしょうか?
ここでは、その原因を考えてみましょう。

主な生理痛の原因は、プロスタグランジンが過剰に出る、子宮の出口がせまい、冷え、ライフスタイルの変化ストレスなどがあります。

1.プロスタグランジンが過剰に出る

生理痛の大きな原因となっているのはプロスタグランジンという物質です。
生理が起こった時に子宮内の膜が剥がれます。
その時に痛みと熱と腫れを発生させるのがプロスタグランジンです。
炎症を起こす物質と言ってもいいでしょう。
子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血(経血)をスムーズに体外に出すことに一役買っている物質です。
これがたくさん出てくると、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような痛みの原因になります。
さらにやっかいなことに、この物質は痛みを強めるなどの作用もあるので、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気の原因にもなるのです。

2.子宮の出口がせまい

子供を産んだことのない女性や若い女性に多く見られる原因で、「子宮の出口がせまい」というのがあります。
経血がスムーズに流れにくいことから、痛みを感じのです。
出産したり、30代以降になったりすると子宮の出口が広がるため、生理痛が弱くなるという人がいるのはこのためです。

3.身体の冷え

身体が冷えると、当然ですが、血液の循環が悪くなります。
そうするとプロスタグランジンも骨盤内に滞るようになり、生理痛の痛みが、さらに強くなるのです。

4.女性のライフスタイルの変化とストレス

女性の社会進出で、その生活習慣も大きく変化してきました。
ストレスにさらされる事も多く、さらに食生活の変化も見られます。
こういった変化に伴い、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。
さらに体温調節の機能なども低下させ、不快な症状を感じやすくさせるのです。
昔に比べて生理痛のある女性が増えてきているのも、こういう環境の変化が関係していると考えられます。

環境の変化といえば、現代の女性は一生に経験する生理の回数は昔に比べて数倍になっているようです。
初経年齢が低くなっているという事、さらに出産の数が減っていること、高齢出産の増加、閉経年齢の上昇などが考えられます。
そのことからホルモンの分泌を行う期間が多く、より子宮に変化が行われているからだと言われています。

生理の回数が多いという事は、それだけ女性ホルモンの分泌している期間が多いとも考えられ、自分ではコントロールできない生理痛を経験している女性も増えています。

⇒生理痛を自宅で改善する方法

 

サイトマップ