生理痛の症状

生理痛の症状は生理の初日から2日目にピークが・・・

生理痛の症状については、腹痛を感じる人がいるほか、腰痛や全身倦怠などの身体症状、イライラ、憂鬱感などのメンタル面の症状もあります。
腹痛以外にも腰や頭が痛くなる人も多いようです。
厚生労働省の調査によれば、生理の時に腹痛を感じる人は67.3%。腰痛が46.3%で、全身の倦怠感は36.3%の人が感じています。

そのほかに現れる身体的な症状は、全身のだるさ、吐き気、胃痛、食欲不振、下痢、めまいなどです。
さらにメンタル面でも、イライラ、憂鬱感、怒りっぽくなるといった症状が現れます。
こうした症状は生理の初日から2日目にピークが来ることが多いようです。

その他に、生理前の症状として「PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)」と呼ばれているものがあります。
生理の1週間ほど前からも出てくる、様々な症状のことです。
体がむくむ、乳房が張る、吹き出物が出やすくなる、便秘がち、イライラといった症状です。
体のむくみは水分が体内にたまりやすくなるために起きるもので、一時的に体重が2〜3kg増える人もいます。

こうした生理前の症状は、女性ホルモンのせいだと言われていて、生理が始まれば軽くなっていきます。
ハーブティーを飲んだり軽い運動をしたりして、リラックスすることでかなり解消できます。
逆に糖分・塩分・コーヒー・チョコレートなどは控えるようにしましょう。

⇒生理痛を自宅で改善する方法

 

サイトマップ