子宮腺筋症とは

子宮内膜症と混同されやすいのが子宮腺筋症です。

子宮腺筋症とは、子宮の筋肉になんらかの原因で子宮内膜が入り込むことで、子宮が腫大してしまう病気です。

年齢的に30代後半の女性に多くみられますが、最近は20代の女性でも子宮腺筋症になる女性が増えて来ているようです。

婦人科系の病気として、子宮内膜症はよく知られていますが、それと混同されやすいのが子宮腺筋症です。

子宮内膜は、排卵後に受精卵の着床を応援するために厚くなり、受精卵が着床しなかった場合は剥がれ落ちて経血という形で月経時に排出される子宮内の組織のことです。

子宮内膜症が子宮外の色々な組織に子宮内膜が増殖する病気であるのに対し、子宮腺筋症は子宮内の筋肉組織の中でだけ子宮内膜が増殖する病気ということになります。

子宮腺筋症の原因は、子宮筋腫や子宮内膜症と同じように、まだ、はっきりとわかっていません。
免疫力の低下や冷え、ストレスなどが考えられています。
また、女性ホルモンが分泌されている間は発症や症状の悪化が見られますが、閉経を迎えると症状が軽くなるため、女性ホルモンが影響しているのではないかともいわれています。

最近は、子宮腺筋症になる年齢はだんだん若くなってきていて、20代でも、子宮腺筋症になる人は増えています。一番楽しみたい若い時期、仕事が軌道にのりはじめる大切な時期を、この病気で犠牲にせざるをえないのはとても残念なことと言えるでしょう。

そのためにも、定期的な診断を受けるとか、いつもと少しでも違うことがあったら、早めに婦人科に行って診てもらうようにしましょう。
とにかく40代になったら婦人科の定期検診を受けるというのではなく、20代でも30代でも早めに行くように心がけましょう。

⇒子宮腺筋症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ