子宮腺筋症の症状

子宮腺筋症は大変治りにくい病気です。

子宮腺筋症で一番多くみられる自覚症状は激しい生理痛です。
生理時に下腹部や腰部に激しい痛みを引き起こし、進行すれば生理時期に関係なく下半身に痛みを感じるようになります。

また、経血の量が増える過多月経も起こりやすく、その影響で貧血になりやすくなることもあります。

子宮腺筋症は20代後半〜30代後半の女性に多い病気で、不妊や初期流産を引き起こすこともあります。

最近では、欧米や日本など先進国で子宮腺筋症で悩んでいる女性が増加しています。

子宮腺筋症は大変治りにくい病気で、さらに進行してゆく病気で、知らない間にじわりじわりと悪化し、最終的には月経以外にもほとんど毎日耐え難い痛みに悩まされるようになることもあります。

また子宮腺筋症では月経量が多くなり、貧血になります。
癌のような悪性の病気ではありませんが、女性をしつこく悩ます病気で、しかも治療しても再発しやすい病気です。

子宮腺筋症では、子宮内膜が子宮筋層内に生育しているために、生理の時期になると子宮筋層内で内膜がはがれて出血を起こすことになります。
これが生理痛の生じる原因になるものです。

また、内膜部分の混在により筋層の肥大化を起こしますから、子宮全体の大きさも大きくなり、このため子宮筋腫との区別が大変難しくなります。

子宮自体の肥大化はまた、生理の量が増量する原因ともなりますので、結果的に生理痛がひどくなり、生理の量が増量する、生理以外でもお腹や腰が痛むなどといった子宮筋腫とほぼ同じような症状が現れてくることになります。

つまり、子宮腺筋症と子宮筋腫は非常に似通っているのと、良く合併することが知られているため、はっきりと区別をしなくてもさほど支障がないというのが本当のところようですね。

子宮腺筋症も子宮内膜症も、閉経以前の女性ホルモンが分泌されていいる間は症状が持続したり、悪化することが多いのですが、閉経を迎えると症状が軽くなったり治まったりします。

⇒子宮腺筋症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ