子宮腺筋症の治療法

子宮腺筋症の治療法は手術療法と薬物療法があります。

子宮腺筋症の治療法は、症状の進行度合いや子宮の大きさ、妊娠したいか出産したいかどうかなどによって異なる方法が考えられます。

以前は、子宮を摘出する子宮全摘出という手術がよく行われていました。
それは年齢が30代後半とある程度高齢の女性が多いということもあり、すでに子供が数人いたり、閉経を目の前にしているなど、子宮を摘出しても良い人が多かったことが理由として考えられます。

ですが、最近では20代の女性や30代で子供がいない人も増えているため、子宮を残して妊娠の望みをつなぐ新しい治療法もとられるようになってきています。

子宮腺筋症の治療法としては、子宮内膜症と同じく手術療法と薬物療法があります。

・手術療法

手術療法としては、子宮を全部摘出する子宮全摘出術もしくは、腺筋症が子宮の一部に限定されている場合に患部のみを摘出する手術です。

但し、腺筋症のみを切除する手術は、病巣の一部を取り残してしまい、再発してしまうリスクもあるなど完治するかどうか、その確率などもまだ発達途上といわれていて、この方法を行っている施設はまだ限られているようです。

・薬物療法

手術に抵抗があって手術を希望しない場合には、薬物による治療を行います。

ホルモン剤を投与する方法は、閉経後に近いホルモン状態をつくり患部の縮小を図りますが、体質に合うホルモン剤の選択が必要です。
投与をやめると子宮腺筋症が再び増大するので、症状の進行を一時的に抑える目的で行うことが多いといえます。

また、ピルすなわち経口避妊薬を子宮腺筋症の治療に使用する方法もあります。
ピルを使うと月経痛が軽くなり、月経の出血量が減少しますが、投与を止めると腺筋症は治療前の状態に戻ってしまいますので完全に治すことを期待できません。

⇒子宮腺筋症を自宅で改善する方法

 

サイトマップ