子宮筋腫Q&A

子宮筋腫に関するよくある質問

Q:子宮筋腫ができやすいのはどんな人?

A:どのような女性に子宮筋腫ができやすいかというのは、はっきりとわかっていません。
姉妹で子宮筋腫があったり、親子共に子宮筋腫ができやすいケース等はありますが、子宮筋腫は遺伝しないと考えられいます。
また、遺伝的に子宮筋腫ができやすい家系といったものも、今のところ報告されていません。

子宮筋腫を持っている人は、女性ホルモンの働きに明らかな異常を認める事が少なく、むしろ逆に順調な月経周期を持っている傾向があります。

Q:子宮筋腫を放置するとどうなりますか?

A:子宮筋腫の場合、どうなれば治療をするというはっきりした基準がありません。
基本的には自覚症状がどのくらいつらいかが、治療を受けるかどうかの判断基準になります。
出血がひどくて貧血が起きていたり、月経痛が強い場合には、治療の対象になります。

また、あまり筋腫が大きい場合も、治療を考えるべきでしょう。
筋腫が大きくなると、周囲の臓器を圧迫し、便秘や尿が近い、下腹部が張る、月経時以外にも下腹部痛や腰痛などに悩まされることもあります。
さらに筋腫が巨大になると、尿管を圧迫して腎臓から膀胱に尿が流れにくくなり、腎臓を悪くすることもあります。

子宮筋腫自体は良性の腫瘍なので、命にかかわることはありません。
ですが、急激に大きくなったものや下腹部がいっぱいになるほど大きなものは、まれに肉腫などの悪性腫瘍(がんの一種)も考えられます。
このような場合は、よく医師と相談することが大切です。

Q:子宮をとってしまうと、どうなりますか?

A:子宮をとってしまうと、妊娠はできなくなります。
子宮を摘出すると、「女らしさ」がなくなると考える人がいますが、「女らしさ」とはあくまでも心の問題で、子宮があるなしの問題ではありません。
卵巣からは女性ホルモンが分泌されているので、女性らしさには変わりはなく、また更年期障害も起こりません。

Q:子宮を残して筋腫を摘出したら再発しますか?

A:筋腫が1個だけの場合は、半数の人は治ってしまって再発もありません。
ですが、2個以上筋腫があると8割以上の人に再発があると言われています。

Q:子宮筋腫をとるかとらないかは、何を基準に考えればいいのでしょうか?

A:子宮筋腫は、こうなったら絶対にとる必要があるという基準はありません。
基本的にはどのくらい症状がつらいかによって、医師と相談して決めることになります。
また、あまりに大きくなっている場合も、内臓を圧迫するので摘出したほうがいいと考えられています。

Q:子宮筋腫があると不妊になりやすいのでしょうか?

A:子宮筋腫があっても、必ずしも不妊の原因にはなりません。
筋腫があっても妊娠して分娩している人はいっぱいいます。

ですが、子宮筋腫で不妊に悩んでいる女性も少なくはありません。
その理由としては
1.筋腫によって、子宮内膜が変形したり引き伸ばされたりして面積が増したりすると、受精卵が着床しにくくなる。
2.突出した筋腫によって頸管や卵管が圧迫され、精子が通りにくくなる。
3.子宮の収縮は、精子が子宮内を移動するのを助けているが、筋腫があるため収縮が十分にできなくなり、精子が輸送されにくくなる。
などが考えられています。

⇒子宮筋腫を自宅で改善する方法

 

サイトマップ