子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療法には薬と手術という2つの方法があります。

子宮筋腫の治療法には、薬と手術という2つの方法がありますが、根本的な治療は手術になります。

薬の治療は、ホルモン療法によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を一時的に停止させる方法で、閉経状態にしてしまう治療(偽閉経療法)が行われます。
治療薬には毎日の点鼻薬(鼻からのスプレー剤)と4週間に1回の注射薬の2種類があります。

しかし、この治療では女性ホルモンの分泌が少なくなるので、更年期障害が現れ、骨粗しょう症のリスクも高めることになったりするので半年しか治療できません。

また、治療初期には不規則な出血を認めることもあります。

治療中は子宮筋腫が半分近くまで小さくなりますが、治療を中止するとすぐに元の大きさに戻ってしまいます。
ですから、筋腫を小さくするために、手術前に一時的に使用するか、閉経に至るまでの一時的治療として行われています。

もう一つの治療法としてピル(経口避妊薬)があります。
最近のピルは女性ホルモン量が少ないので、筋腫が大きくならず、症状も楽になります。
また、更年期様の症状もありません。しかし、いつまで続けるのかが問題となります。

手術では開腹して子宮を丸ごと取ってしまう(子宮全摘術)と筋腫だけ取る手術(筋腫核出術)があります。

将来子供がほしい人や子宮を残す希望の強い人では筋腫だけ取る手術を実施しますが、手術の際、出血が多くなるのが難点です。

子宮筋腫は複数個できることが多く、直接見てもわからないような小さな筋腫は手術でも取り残すことになります。

そのため数年後には取り残した筋腫がまた大きくなってくることもあります。

また、最近、急速に広まっているのは内視鏡による手術です。
これは、傷跡が小さいかほとんどなく、回復が早いのが長所です。

子宮を残して筋腫だけを摘出する場合、子宮の内側に筋腫ができた粘膜下筋腫ならば、子宮鏡が使われます。

また、腹部にいくつか穴を開けて細い管を挿入し、電気メスなどを操作して子宮筋腫を切除するのが、腹腔鏡下手術です。
この場合は、子宮を丸ごと摘出することも筋腫だけを摘出することもできます。筋層内筋腫や漿膜下筋腫が適応になります。
 
最近は、内視鏡によって手術を行う施設も増えてきましたが、技術には個人差があり、手術できる範囲や大きさなども医師によって異なります。
ですから、十分な説明を受けた上で治療を受けるようにしましょう。

その他の治療法として、子宮に栄養を供給する子宮動脈を人工的に詰まらせて、筋腫を栄養不足にして小さくする「子宮動脈塞栓術」という治療法があります。
最近では多くの施設で行われるようになりました。

⇒子宮筋腫を自宅で改善する方法

 

サイトマップ